趣味で占いを勉強しているという人は、その知識を副業に活かすことを考えてみると良いでしょう。2020年以降、日々の生活や将来に対し不安や悩みを抱える人が増えてきています。そんな人を救うことができる手段として、注目を集めているのが占いです。

占いで稼ぐためには、占い師としての実績がなければいけないのではないか、占いの館で採用されるほどの実力と経験が必要になるのではないかと考える人もいるでしょう。確かに、実力や実績などはあるに越したことがありません。実力を裏打ちするだけの実績があれば、電話占いや占いの館などで働くという選択肢も選ぶことができるでしょう。ただ、それだけの経験がない、どこかに所属するのではなくもっと自由に働きたいという場合は、スキルシェアの活用を考えてみることがおすすめです。

スマホ一つでできる副業として人気となっているのが、自分のスキルでお金を稼ぐスキルシェアです。スキルシェアサービスで人気となっているのが、占いのように気軽に悩みを相談できるサービスです。占いの館などで働く場合とは違い、自分の得意なことを登録しておくだけで仕事ができるため、実際に人を占った経験や実績がない人でも気軽に仕事を始めることができます。

実績や経験がなければ、依頼が来ないのではないかと考える人もいますが、気軽に相談しやすい料金設定にする、相談ジャンルを特定するなどの工夫をすれば、初心者でも依頼を受けられる可能性が高まります。何度か依頼を受ければ、経験を積むことができるだけでなく、口コミでも評判が広まり、効率的に仕事を受けることができるようになっていくでしょう。そして、ジャンル内でも常に高い人気を誇る存在になれば、相談料アップを目指すこともできます。

占いの形は自由に選ぶことができるようになっており、電話で鑑定をする以外に、メールで相談を受けるという形を取ることも可能です。メールという形であれば、本業の就業時間が不規則という人でも、無理なく副業を始めることができるでしょう。

スキルシェアという形で、占いの仕事を始めるメリットの一つが、本格的な占い師を目指せることです。口コミで評判となるような存在になることができれば、電話占いや占いの館などで活躍をする占い師を目指すことができるようになります。人によっては、インフルエンサーのような存在になることもできるでしょう。そのため、占いが趣味という場合は、その趣味を活かした副業を始めてみることがおすすめです。